中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

琵琶湖毎日マラソンと厚底シューズ

f:id:yu-ponkun:20210327213904j:plain
出典:毎日新聞

最後の琵琶湖毎日マラソンは、鈴木健吾選手の驚異的な日本新と、日本人選手だけで40人のサブテンなど記録ずくめの大会でしたね。

私は仕事だったので、リアルタイムで見ることができず、ネットで結果を見て衝撃を受けました。

こんなことなら休みを取っておけばよかった(泣)

鈴木健吾選手の終盤の走りは、福岡国際でアベラ選手を振り切って当時の日本新を出した藤田敦史さんを彷彿とさせる走りでした。

日本人でも世界と戦えそうな雰囲気になってきましたね。

最近は記録が出ると必ずと言っていいほど、シューズの話になります。そう、厚底シューズの話題です。

シューズの性能にフォーカスされた報道ばかりで少しうんざりしてしまいますよね。


今回は、私なりに厚底シューズについて思っていることをお話しようと思います。

厚底シューズについて思うこと

f:id:yu-ponkun:20210327104936j:plain

◆私が感じたこと◆ ・厚底だから速く走れるわけではない
・練習から使用することで、練習の質が向上


厚底だから速く走れるわけではない


当然の事なんですが、プレートの入ったシューズを履いたからといってすぐに速く走れるわけではありません。

今回の琵琶湖毎日マラソンで厚底シューズを履いて見事復活した川内選手も、「何もしなくても厚底だと速くなるというわけではなくて、筋トレも必要。この2カ月間くらい試しで履いていたけどハムストリングスが張る感覚があったので、レッグカールを週に3回取り入れて対応した」とおっしゃっています。

このことから、トップ選手はハムストリングスを使って走っているという事が分かります。
ハムストリングスを使って走るには、以前書いた重心の位置が大事です。
yu-ponkun.hatenablog.com

練習から使用することで練習の質を向上できる

厚底シューズは、練習時の疲労軽減に効果があります。疲労が軽減される事で、質の高い練習を続けて行うことが可能になります。

私もナイキのテンポネクストを使っているんですが、以前はペース走を走った次の日は、かなりの疲労が残っていたんですが、最近では翌日にインターバルを行うことができるようになりました。

練習全体の質が向上していることが、昨今の記録ラッシュの一因だと私は思っています。
yu-ponkun.hatenablog.com

まとめ

f:id:yu-ponkun:20210416112533j:plain
厚底シューズの性能ばかり取り上げられていますが、そのシューズの性能を生かすも殺すも、私たちの能力次第ということですね。

シューズに合った身体づくりが重要だということを、今回の川内選手の走りで教えてもらうことができました。

私は川内選手と同学年なので、川内選手の復活には本当に勇気をもらいました。 

私も川内選手のように何年かかっても目標を諦めずに頑張って行けたらと思っています。

ではでは。


マラソン・ジョギングランキング