中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

走った後のリカバリー プロテインの重要性について

みなさん、ランニング後の栄養補給ってどうされてますかね?

私は高校時代に練習後にウイダーのココア味のプロテインを飲んでました。

当時ザバスにはプレーン味しか無かったので、消去法でウイダーにした感じですね。

高校時代に飲んでいたプロテインを探してみました。
f:id:yu-ponkun:20210303100854j:plain
以前はアミノペプチドと言う名前で販売されていたと思うんですが、リカバリー系のプロテインで、ココア味でとても美味しかったのを覚えています。

やはり続けるには味も重要ですよね。

ということで、今回はプロテインについて。

それでは紹介していきます。

プロテインとは

タンパク質を英語訳したものです。ただ、日本では、タンパク質を摂取するためのプロテインサプリメントを指すことが多いです。

語源は古代ギリシャ語の「プロテイオス」から来ていおり、「最も重要なもの」という意味だそうです。

どれぐらい摂取したらいいの?

成人男性であれば、体重1kgあたり1gとなっているので、体重が53kgの私であれば、53g摂取する必要があります。

ただ、これは運動をしていない人の場合なので、私たちランナーは少なくともこれ以上のタンパク質を摂取する必要があります。

日本人は年々タンパク質の摂取量が低下しており、1950年代の摂取量まで落ち込んでいるそうです。

練習に耐える丈夫な身体づくりのためにも、積極的にタンパク質を摂取していかなければなりません。

プロテインのメリット

タンパク質を簡単に摂取できる

食事からタンパク質を摂取しようとすると、どうしても調理する場所と時間が必要になります。

タンパク質を摂取するのは運動後30分以内が望ましいとされていますが、プロテインなら練習後にすぐにタンパク質を摂取することができます。

脂肪分など余計な物を摂取せずに済む

食事からタンパク質を摂取すると、どうしても肉や魚などから摂取することになります。

すると、身体づくりにはあまり必要のない脂肪分なども摂取することになります。

プロテインは主にタンパク質が主成分のため、余分な脂肪分を摂取せずに身体づくりができます。

摂取するタイミング

f:id:yu-ponkun:20210322211320j:plain
運動後30分以内はゴールデンタイムと呼ばれています。

筋力向上や、身体のリカバリーのためには、この30分以内にタンパク質を摂ることが理想的です。

筋繊維修復の際に材料となるタンパク質がなければ、筋繊維を修復する事ができません。修復時にタンパク質を補給する事で、素早い回復をサポートできます。

また、プロテインには、タンパク質以外にも身体のリカバリーに必要なビタミンや、筋肉のエネルギーとなる炭水化物も含まれています。

翌日に疲れを残さないためにもプロテインの摂取はおすすめです。

長距離選手もプロテインを飲むべき理由

プロテインと聞くと、なんだか筋肉をつけたい人向けの食品のような気がしますよね。

しかし、私たち市民ランナーこそプロテインを摂取するべきです。

その一番の理由は素早い疲労の回復です。市民ランナーは当然仕事休みの日に練習をすることになります。

練習の疲労を残したまま、また仕事をすると、疲労が蓄積されていき、最悪の場合体調を崩してしまいます。

健康に楽しく競技を続けていくためにも、プロテインは必須のアイテムです。

まとめ

最近キツい練習の後にはこれを飲むようにしてます。
f:id:yu-ponkun:20210203132538j:plain
最近はザバスも色々な味を出してくれてるんですね。助かります(笑)
私は特にヨーグルト味が好きですね。

コスパでいうと、絶対に粉の方がいいんですけど、私はあのシェイカーの匂いが苦手で(汗)

どれだけ洗っても、どうしても匂いが取れないんですよね。

高校の時は部室とかにシェイカーを置いてたんですけど、今思うと衛生的にもどうなのかって感じです。 

まとめ買いしようかと思ってるんですよね。

このタイプは賞味期限が短いんですよね。メーカーによると、製造日から20日ぐらいだそうです。

こちらは賞味期限が40日程度のようです。


妻と相談です。


ではでは。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング