中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

桜の開花から満開までの最短記録が0日ってホント?

f:id:yu-ponkun:20210316104156j:image

もうすぐ桜の季節ですね。コロナのせいで、今年もお花見はできそうにないですね。


今朝、ニュースを見ていて気になる事をやっていたんです。

桜の開花から、満開までの最短記録についてです。

ちなみに、開花とは、標本木のつぼみのうち、5~6輪の花が咲いた状態、満開とは八分咲きのことを言います。

平均的には開花から満開までの期間はおよそ1週間だそうです。

 

では、最短記録は…ゼロ日‼︎

 

旭川市で2012に記録されました。朝に開花宣言、午後に満開と、破られる事のない大記録ですね。

 

桜の開花について感じたこと

私の感じた事

・変化は外からは分かりにくい
・変化する時は急激に変化する

桜のニュースから、私は以上の2つのことを感じました。
 

変化は外からは分かりにくい

f:id:yu-ponkun:20210316104230j:image

学生時代に、スポーツでも、勉強でも、一緒にやっていた友人が、急に成績が上がったり、走るのが速くなっていた経験ってありませんか?

私は中学時代に先輩から、「なんで急に強くなったん?」と言われたことがありました。

当時3000mを8分台で走っていたのですが、私が急に速く走れるようになったと先輩の目には映ったのだと思います。

私は8分台で走れる練習をしてきたという認識だったんですが、外から見ている先輩には、その変化が分からなかったのだと思います。

高校に入ると、今度は私自身がその経験をすることになります。

今まで負けた事のない選手に勝てなくなってしまったんです。その時は、なぜ勝てなくなったのかが分からなかったんすが、結局はライバルも「変化」していたという事だったんですね。

桜もよく見れば蕾ができていたりと、開花の準備をしている事が分かります。ただ、興味を持って見ないと、その兆候を見逃してしまいますよね。

私たち人間も同じで、伸びる選手は、人知れず変化の準備をしているということです。

 

変化する時は急激に変化する

f:id:yu-ponkun:20210316104928j:image
桜の開花から満開までと同じで、人間の成長も急激です。
息子を見ていても、その成長スピードに驚かされます。きっと息子にとっては当たり前の日々を過ごしているだけなんです。私が置いて行かれてるんです(汗)
琵琶湖毎日マラソン日本新記録で優勝した、鈴木健吾選手も、自身の記録について驚いていましたね。
黙々と準備をしてきた人の変化は急激で、本人さえも驚くような結果をもたらすこともあるんですね。
 

まとめ

今回は桜の開花と人間の成長スピードのお話でした。

桜の花はとても美しく、私たちの心を癒やしてくれます。しかし、美しい花を咲かせるには、厳しい冬を乗り越えなければなりません。

昨年はコロナの影響で、各種大会がことごとく中止に追いやられてしまいました。

私たちも、これから満開を迎える桜のように、人知れず変化のための準備を進めていきましょう。

 

ではでは。


マラソン・ジョギングランキング