中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

松村康平選手の引退によせて

三菱重工ラソン部の松村康平選手が、琵琶湖毎日マラソンで現役を引退することになりました。

 

f:id:yu-ponkun:20210316213632j:image

出典:日本陸上競技連盟公式サイトhttps://www.jaaf.or.jp

 

松村康平選手について

松村選手は、山梨学院大学在学中、3年次と4年次に1区を走り、三菱重工では、14年の東京マラソンで自己記録となる2時間8分9秒をマークしています。同じ年の仁川アジア大会では銀メダルに輝いています。

 

同じ大会で走ったことがあります

松村選手は私と同学年なんです。同世代の選手が引退するのは寂しいですね。

松村選手は中学3年時、広島県で開催された全国大会に出場しているんですが、実は私も出場しているんです。

私は違う組だったので、一緒には走っていませんが、日の丸を付けて走った選手と同じ大会で走れたことは、一生の思い出です。

f:id:yu-ponkun:20210316200857j:image

見にくくてすみません。

松村選手は予選2組10着でゴールしています。

今見ると本当に豪華なメンバーですね。

f:id:yu-ponkun:20210316201119j:image

一応参考までに、私も3組11着で予選落ちです。

また、全国高校駅伝でも区間は違いますが、同じ大会で走っています。

ここから松村選手は、日本を代表するマラソンランナーへと成長していったんですね。

 

後進の指導にあたられるようです

日刊スポーツより、

 

黒木監督は「うちのチームで最初に日の丸を背負い、マラソンで2時間10分を切った選手。これから後輩がマラソンで、しっかり強くなるように指導をして欲しい」と話した。

 

という記事があったので、指導者として後進の指導にあたられるようです。

名門となった三菱重工ラソン部の礎を築いた選手なので、きっと良い指導者となって、多くの優秀なランナーを輩出してくれることと思います。

松村康平選手、本当にお疲れ様でした。


マラソン・ジョギングランキング