中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

【真下着地】で腰が落ちる走りを改善しよう

走っている時に、『腰が落ちている』と指摘されたことはありませんか?

私は昔から腰が落ちた走りをしていました。自分では腰を落としたつもりはないのに指摘されるので、解決策が見つからなくて困っていました。

でも、以前書いた『上半身を乗り込ませて重心の真下に着地』する事で、この悩みが一気に解決するんです。
yu-ponkun.hatenablog.com
ということで、今回は腰が落ちてしまう走りの改善策についてです。

腰が落ちる事の弊害

走る際に腰が落ちると、以下の弊害があります。

◆腰が落ちる事の弊害◆ ・スピードが出ない
・故障の原因になる

スピードが出ない

腰が落ちてしまうと、どうしてもストライドが狭くなってしまいます。自分が思ったよりも、歩幅が稼げていないので、結果としてスピードが出ない走りになってしまいます。

また、腰が落ちるとスピード感覚自体が鈍ってしまうという弊害もあります。

故障の原因になる

腰が落ちてしまうと、ハムストリングスを使えないので、大腿四頭筋とふくらはぎばかりが使われる走りになってしまいます。

また、着地の衝撃をを脚だけで吸収しようとしてしまうので、脚へのダメージが大きくなります。

これにより、特定の部位ばかりに負担がかかってしまうので、故障の原因になります。

腰が落ちる原因

重心の前で着地すると、上半身が置いていかれてしまいます。これが腰が落ちてしまう原因です。

重心の前で着地すると、一本の軸として着地できないので、どうしても腰の引けた状態になります。

これを横から見ると、『腰が落ちた』走りに見えるんです。

私のように下半身主導で走ろうとするランナーに見られる走りです。

改善するには

改善するには、以下の二つが重要になってきます。

◆改善するには◆ ・着地点に乗り込むように走る
・上半身の筋力の強化が必要

着地点に乗り込むように走る

f:id:yu-ponkun:20210405095521j:plain
出典:中日新聞web

上の写真の大迫選手は、重心の真下に着地するために、着地点に乗り込もうとしています。

こうする事で、上半身が後方に置いていかれることなく、全身で着地の衝撃を吸収できます。
それによって、腰の引けた状態になることなく、腰高な走りができるというわけです。

なんだか偉そうに語っていますが、私も意識しないとすぐに腰の下がった走りになってしまうので、自分に言い聞かせるように文章にしています。

上半身の筋力強化が必要

f:id:yu-ponkun:20210405150844j:plain
着地点に乗り込むには、大腿四頭筋ハムストリングス大臀筋などの下半身の筋肉も強くなければなりませんが、特に重要なのは上半身の筋肉です。

空中動作の中で上半身を乗り込ませるためには、強い上半身が必要になります。 

普段から腹筋、背筋の筋力トレーニングを取り入れる事で、姿勢の維持が容易になり、着地点に乗り込みやすくなります。

まとめ

f:id:yu-ponkun:20210405150934j:plain
私は、走る際に脚を前に放り出して着地する癖がありました。オーバーストライドで、さらに腰が落ちているという最悪なフォームでした。

着地点に乗り込む意識をしているおかげで、最近ではかなりフォームが改善されてきました。

以前は頑張ってスピードを出していた練習でも、フォームが安定してきた事で楽にスピードが出るようになってきました。

感覚で言うと、『スピードに乗る』という感じです。

また、以前は大腿四頭筋や、ふくらはぎにばかり疲労感があったんですが、身体全体で衝撃を吸収できるようになってきたのか、以前のような疲労感がありません。

やはり速いランナーはフォームが優れています。同じ練習をしても、正しい動きをしている人の方が能力が向上しやすいのは当然のことですよね。

私は頑張って練習することばかり考えていて、そんな当たり前のことさえ気が付きませんでした。

でも、これからいくらでも変えていくことができます。
トップランナーの走りには程遠いですが、少しでも近づいていけるよう努力していきます。

ではでは。

腰が落ちるのを改善することのできるシューズです。
スピード練習から普段のジョグまで幅広く使用できます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村