中年サブスリーランナーのひとりごと

30代一児の父が、5000m14分台、サブ2.5を目指すブログ

レース前日の練習は【疲労を残さない】事が重要!オススメの練習3パターン

f:id:yu-ponkun:20210616115409j:plain
レース前日の調整って何が正解なのか分からなくて困ってしまいますよね。


実際は自分に合った調整方法を見つけ出すのが一番なんですが、それもなかなか難しいんですよね。


今回はレース前の調整練習の種類やオススメの練習についてご紹介します。

レース前日の調整練習の目的

レース前日の練習には、以下の3つの目的があります。

◆前日練習の目的◆
・身体の動きの確認
・レースペースの刺激を入れる
疲労度の確認


よく『刺激』と言われるやつですね。レースに向けて練習量を落としてきた身体にレースペースの刺激を入れたり、疲労が残っていないかを確認するための練習です。


この練習をすることで、さらに身体の動きを良くしてレースに臨むことができます。


レースに向けた最終調整といった位置付けの練習です。

レース前日の練習パターン

練習のパターンとしては、だいたい以下の3つが挙げられます。


◆代表的な練習パターン

・1000m×1本(レースの入りをイメージ)
・ジョグ+快調走
・完全休養


1000m×1本

f:id:yu-ponkun:20210616115454j:plain

トラックレースの前日練習で1番オーソドックスなのが、1000m×1本の練習です。レースの入りの1000mを意識したペースで動きの確認を行います。


レースペースを意識した走りをする事で、身体に刺激を与えることができ、自分の調子を確認することができるので、多くの学生ランナーが取り入れている練習です。


ただ、調整がうまくいっていると、身体が動き過ぎてしまって疲労を貯めてしまうこともあるので、注意が必要です。


ジョグ+快調走

f:id:yu-ponkun:20210616115519j:plain

市民ランナーにとってレースの前日は仕事などもあり、トラックで1000mの刺激を行うのは、あまり現実的ではありません。


そこでオススメなのが、動きの確認のためのジョグ+快調走です。


これなら前日に疲労の残り具合や動きも確認できますし、快調走によって刺激を与えてやることができます。


1000mの刺激を入れると、どうしても頑張り過ぎてしまうという人は試してみてください。

完全休養

レース前日に完全休養だと、なんだか怠けているような気になりますが、これもれっきとした調整方法です。


レース前日から気持ちが昂ってしまうランナーにオススメです。


前日から気持ちが入り過ぎてしまうと、ついつい練習をやり過ぎたり、しっかりと睡眠が取れなかったり、気疲れしてしまったりします。


意外にも前日完全休養の方が身体が動く事もあるので、試してみる価値はあると思います。


重要なのは疲労を残さないこと

前日練習で最も重要なことは、『疲労を残さない』ことです。当然のことなんですが、レースの前日だと、緊張や気持ちが昂って余計なことをしてしまい、疲労を貯めてしまう可能性があります。


もし身体の動きが良いようであれば、調整が上手くいっている証拠なので、あまり走らずに軽い練習で切り上げるようにしましょう。


本番で100%の力を発揮できるように、動きの確認だけはしっかり行う感じでやりましょう。


普段の練習で9割は決まっている

ランナーは前日練習で何をするかで悩みがちですが、実際には前日に何をするかは重要ではありません。なぜならレースの結果の9割は普段の練習で決まっているからです。


たった一回の練習で劇的に走力が向上する事が無いのと同じで、前日に走らなかったからといって急に走力が低下する事はありません。


前日練習は身体の動きを確認したり、さらに良くするためのもので、人それぞれの練習パターンがあって当然です。


私は5000mで社会人ベストを出した時は、前日練習をしていません。理由は気持ちが入り過ぎて疲れてしまうからです。


あらかじめパターンを作ってそれに沿って練習するのも良いですし、毎回レースに向けた練習を変えて自分に合った調整方法を見つけるのもいいかもしれません。


大事なレースであればあるほど、気合が入ってしまいがちですが、目的を見失わないように、身体と心の調整をして本番のレースに備えていきましょう。